記事リスト

工事を成功させるために

リフォーム

マンションの大規模修繕工事を成功させるためには、長期の展望での計画と住民にとって最適な組織作りが大切です。5年に1回程度は劣化の診断を行って計画の見直しを行い、住民にとって利益がある組織作りのためにコンサルタントを頼るとよいでしょう。

詳しく見る

コストを削減できる

作業員

コストを下げてマンションの大規模修繕を行いたい場合、管理組合が中心となって計画を立てるとよいです。コンサルティング会社に依頼すると、管理会社の見積金額から数百万単位で予算の差額が出る場合もあります。公募してコンサルティング会社を決めるとよいです。

詳しく見る

建物の維持管理

部屋

注目のサービスとは

鉄筋コンクリートの建物の平均的な耐用年数は50年前後ですが、メンテナンスの状況によって大きく変わるのが実情です。したがってマンションやオフィスビルが完成する前から、資金計画も含めて大規模修繕について、真剣に考えるべきでしょう。建物のカテゴリーによって大規模修繕のスタイルは様々ですが、分譲マンションの場合には、12年に1回の割合で実施するのが一般的です。発注先を選ぶ場合にも時間が必要なので、早めに様々な大規模修繕工事業者の見積もり内容を比べてみるのが理想的です。見積もり内容を管理組合の担当者やビルのオーナーなどが精査すると、より良い建物の修繕プランが見つかるでしょう。1平米当たり毎月200円のペースで積み立てるのが、大規模修繕工事に着手する前に、十分な資金を確保するための基本です。ビルやマンションの建設を請け負った業者に相談すると、個別の建物の劣化状況に合わせて、手ごろな修繕プランを示してくれるでしょう。特に分譲マンションに住む人は、建物の外観にこだわるために、外壁塗装に力を入れた大規模修繕工事のプランが評判です。一方で賃貸ビルを経営しているオーナーにとっては、稼働率アップに直結する修繕プランを選ぶことが、最大の懸案事項です。とりわけテナントは設備にこだわる傾向が強いために、エレベーターや空調機器の点検とリニューアルのプランが大人気です。そして上下水道などの配管や各種配線も丹念に調べて、必要な工事を実施することが、建物の耐用年数を延ばすテクニックです。

計画的に住宅修繕を行う

工具

大規模修繕というとマンションなどの定期修繕をイメージしますが、一般住宅でも10年〜20年に一度の大規模修繕が必要です。大きな費用となるのは屋根が外壁塗装です。複数の業者の見積もりを比較することが重要です。

詳しく見る

マンションのリフォーム

リフォーム工事

マンションは10年〜15年に一度大規模修繕工事を行うことがおすすめです。これを行う業者はゼネコン・専門工事業者・マンション管理会社の3つに分けられます。ゼネコンは信頼度と対応力の高さが魅力です。専門業者はノウハウが豊富で技術力の高さが魅力です。管理会社はマンションを熟知しているのが魅力です。

詳しく見る

知られていない工事内容

男女

マンションなどの集合住宅も劣化していくので、10〜20年に一度のスパンで大規模修繕を行う必要があります。大規模修繕のスパンと会社選びについては住民の自治によって決まります。塗装や劣化部分の補修などを行い、安全性と資産価値を維持するのが目的です。

詳しく見る